名産品で町おこし

地元の名産品で町おこし

最近町おこしの一環として、地元の名産品を使ったB級グルメや工芸品などの販売が各地で盛んに行われています。
旅行などで遠く離れた場所に訪れると、その土地の名産品は何割り増しにも魅力的なものにうつり、実際にこういったものはよく売れます。
有名なところを例に挙げると、香川県は名産であるうどんを前面に押し出して集客に努めていますし、海に面する北陸の地域ではカニの食べ放題などで旅行客にも人気となっています。
またこういったポピュラーな食材だけでなく、その地域でしか採れない珍しい種類の野菜をお菓子に加工して販売するなど、各地で様々な工夫が凝らされています。
このような取り組みは観光業が盛んになるほか、全国的に自分の町をアピールするチャンスとなります。
まずは「この地に行きたい」と多くの人々に思わせることができなければ集客は見込めません。
そのきっかけを作るのには重要な取り組みだと言えます。
そしてこのような町おこしが成功すればするほど、結果的に町の活性化に繋がります。

地方名産の食べ物で町おこし

人口の都市部への流出などで税収が少なくなる地方市町村にとって、財源確保は深刻な課題です。
その地方に世界遺産や国法などの観光スポットがあれば観光客を呼び込むこともできますが、ほとんどの場合は難しいでしょう。
しかし、どんな地方にも必ず名産と呼ばれる食材やグルメがあります。
これを町おこしに賢く利用する自治体が増えています。
例えば仙台の牛タンや宮城のずんだ餅、桑名の蛤など地方の地の利や特産物をいかした食べ物や料理は住む場所を問わずファンをうみ、またインターネットが発達した現代では現地に行かなくとも簡単に通販で購入することができます。
各自治体も名産品をフィーチャーしたゆるキャラを作るなどしてマスコミで紹介し、現地を印象づけています。
また最近のB級グルメの人気などから日本一のB級グルメを決める大会が開催され、優勝したグルメは現地に旅行に行って本場のものをできたてで味わおうという関心を起こさせ、町おこしに一役かっています。

check

老人ホーム紹介を東京で探す

2019/2/15 更新